2017年03月30日

レズプレイについて

1年ぐらい前に一度日記に書いたのですが、私にはエミさんという元新宿のクラブで働いていた女王様とリナという私の学生時代の友人がいます。
この二人はひょんなきっかけから一緒にプレイするようになったのですが、M君を含めた複数人数でプレイする時以外は日記に書いて来ませんでした。
その理由としてはM男性とのプレイやHは私自身が楽しむためにしているので、楽しさと快楽を求めたプレイということで、全てではないですが日記に記録として残しています。(M君達には日記に書くよと許可は取っています^^)
ただ、リナとのプレイはそもそもの理由が既婚のリナが旦那との夜の営みがなくなって欲求のはけ口がなくなり、でも旦那の拘束が厳しいといことで外に男性を作ることができないので、同性で同級生の私と女同士体の関係を持つようになりました。
リナからは別に日記に書いてもいいよと言われていたけど、リナとのプレイ内容が、楽しむためのプレイとか、アダルト動画のような変わったプレイをしているわけではなく、すごくシンプルなレズをしているだけなので、むしろ日記に書くと5行で終わりそうなものなので今まで書いていませんでした。


今回少しだけだけど、私たちがいつもどういう女同士のプレイをしているかということを書いてみようと思います。

まず前置きとしてリナが物凄く可愛い容姿を持っているということを説明しておきます。身長が155cmぐらいで美人ではなく、AKBなどに入ってもいいぐらいのアイドル系の小さくて可愛らしいという言葉がぴったりです。同い年なのに私と並ぶと私が異様に年上に見えてしまいます。
そして、その可愛らしい容姿には似つかわしくないほど性格が陰険です><
これは私もリナに直接言っていることなので、今更公言しても問題ないのですが、とにかくネクラで、接する人によっては不快になります。(この性格のせいで旦那から見捨てられたと本人は言っています。)

さて、そんなネクラなリナとのプレイなのですが、いつもリナの愚痴を聞くことから始まります。
旦那がどうとか、近所づきあいがどうとかで、仕事人間の私とは住んでいる世界が違いすぎて正直私はリナの悩みの3割も理解してないですw

その愚痴がある程度終わると、どちらからともなくキスを始めます。ゆっくり舌を絡めるキスを長々と続けます。そして交互に首筋や胸、お尻などを舐めてクンニをします。
この体を舐めるというプレイも舐めるだけでなく手で体をサワサワと触りながらゆっくり行います。
クンニまで終わると大きな双頭ディルドをお互いのマンコに挿入します。
この時、お互いの顔を見ながらゆっくりと動いて優しい刺激を楽しみながら、きもちいいね、とか言いながらキスをして、胸を揉み合って、時間をたっぷりかけてゆっくりとイきます。
このディドルを使っているときは変わった体位をするわけではなくて、向き合って視線をそらすことなくずっと見つめ合いながらイくまでゆっくり動く感じです。

私たちのプレイはこれだけです。
もう一年以上リナとはレズ関係を続けているのですが、毎回同じ内容です。
激しいプレイをするわけでもなく、毎回同じプレイをしているのだけど、なぜか全然マンネリにはならず、私はむしろこのプレイですごい濡れます。激しく興奮するわけではないし、イくのもの一回だけなのだけど、精神的にすごい満足感を得ることができます。
それはリナも同じなようで、プレイが終わった後は満足した様子で、二人で一緒にベッドの中で使っている化粧品の話や、ネイルの話などたわいない女の子の会話を全裸でしておわりです。

たぶんこれはスローセックスというものなのかと私なりに理解しています。決して激しいわけではないけど、優しく長時間続けることで精神的に満足感が得られる。ということなんだと思います。


なぜこのタイミングでリナとのプレイについて書いたかというと、先月、先々月と日記に書いてきた女性複数でM君とプレイするということを本格的に4月から始めます。
まずは今私と関係を持っているM君一人一人として、どういう風になるかためしてみます!

ちなみに、エミさんはちょっと事情があって今東京にいないのでしばらくは私とリナでM君を責めます^^

posted by ミストレス上田真里 at 19:50| プレイ日記 | 更新情報をチェックする