2018年06月30日

2018年6月23日のプレイ日記

ツイッターのアンケートに答えていただいた方々ありがとうございます。
これから私のプレイのことを調教という表現は使わないで、アンケートで多数を占めた教育という表現を使おうと思います。
そして教育が終わったM君のことを合格済みM君とあわせて呼んでいこうと思いますのでよろしくお願いします。

今日は久々にプレイの日記を書かせていただきます。
最近プレイ日記を書いていませんでしたが、プレイをしていなかったわけではなくて、あまり特別つなことをしていなかったということと、単に書く時間がなかっただけです。

新しいM男性探しはやはり苦戦しており、その理由としては私のプレイ内容を勘違いしている人が多くてちょっと違うな、という方からの連絡が多いからです。
ツイッターでもツイートしましたが、やはり私のプレイは厳密にいうとSMではありません。
鞭も使わないし、叩いたり蹴ったりとかいう暴力系もしない。男性を足蹴にして高笑いなんてやったことすらない。
だからそういうことを求めてくる男性は申し訳ないですが、お断りし続けております。

ルールにも記載しましたが、やはり私のプレイで最も重要なことはキス。
心と心が通じ合うキス。
ただここを履き違えて欲しくないのが恋人同士のような甘いキスではなくて、うまく言葉では伝えられないけど、誰が支配者なのかを決めるためのキスとでもいうのかな?
もちろん、純粋な男女関係のような優しいキスもします。ただそれ以外の意味がふんだんに含まれているので、今日の日記は丁度それを伝えためにいい例となるプレイ&Hをしたので日記を書くことにしました。


私の今のM君は現役大学生の2人E君とF君だけ。
どちらも童貞の時から私が全てを教えた私の大事な大事なパートナーです。もう私と1年半ぐらい関係もを持っており、2人共合格済み!だから、彼らと行うプレイは教育のためではなくお互いに楽しみ合うためのプレイばかりです。

さて、今日の相手はE君で、場所は新宿のラブホ。もちろん一泊です。

この日のE君は長野県に農業系の短期バイトに行っており、本人曰く3週間ほど射精していないという状態でした。

ホテルの部屋に入り玄関でいつものようにキスして全身リップしてあげようと思ったのですが・・・
E君すでに熱りだっており、目がギラギラして今にも私を壁に押し付けて服を無理やり剥ぎ取って犯してやるよ。という面持ちだったので、今日は玄関でのキスはストップ。(雰囲気的に本当に強引に犯されそうだった・・・)
適当な言い訳を伝えて、E君の手を引いて小さなソファーまで誘導しました。

やっぱり男性が醸し出す「女を犯したい!」というオーラはすぐわかります。こういうのはS男性とかM男性とか関係なく男性が本能的に持っているものだと私は考えているのですが、M男性はそれを抑えることができて、S男性は抑えることができないものだと理解しております。
E君はもちろんM男性なのでソファーに座り必死にその感情を抑えているようです。

こういう時こそ本当のキスの出番。
私はソファーに座っているE君の太ももの上に膝立ちでまたがるように向かい合い、抱き合い、キスをする体制になります。私は膝立ちなので必然的に私の顔がE君の顔の上にくるようになります。
これすごい重要なポジション。
説明はいらないと思いますが、キスは顔が上に位置した方が主導権を握れるからです。

スタートは優しく唇を合わせることから。
唇と唇を合わせるとすぐにE君が舌を入れてこようとしたから私は顔を引きキスをやめます。戸惑った表情のE君に口を開けるように視線で促し、開けられたE君の口に私の唾液をゆっくりゆっくり垂らします。
私は自慢ではないけど唾液とマン汁は自然にどんどん出てくる体質なので、ここでもE君と目を合わせながら何度も何度も唾液を注ぎ込みます。
E君がちゃんと飲んでくれてるのを確認したら、唾液を自分の口に含んだまま、E君とキスを改めて行い、唾液と一緒に舌をE君の口に入れ込みます。そのまま舌を絡めて、舌を吸い上げるということを繰り替えまします。
この時点でE君の「女を犯したいオーラ」が少し弱くなった気がしたので、同じ体勢のまま、E君のおでこ、鼻、耳、首と唾液たっぷりつけて舐め回します。そして、また口に戻りE君の舌を吸い上げます。このおでこ〜舌を吸い上げる、までの流れを4回ほど繰り返すとE君のオーラもだいぶ落ち着いてきました。

このプレイ、男性にとっては何の変哲も無いプレイかもしれないけど、私にとって「超」重要!
文章では伝えにくいけど、例えると猛犬の頭を何度も撫でて手なずけるイメージです。
気持ちが荒ぶっているなら噛みつかれないように優しくゆっくりこちらに主導権を移すことから始める感じ。
だから、私がりーどするんだよ。ということを伝えるために、絶対にE君の求めるタイミングでは行為をおこなわず、全て私のタイミングでプレイを進めるように心がけます。
例えばE君が舌を入れたいタイミングでは絶対に入れない。私が入れたいタイミングで入れるという感じかな。
すごい細かなことだけど、誰がご主人様かはっきりさせるためには大事なこと。

だからこのキスの後のプレイでもこの考えは変わりません。
キスの後は全身リップ、首から爪先まで全部舐めてあげるんだけど、ここでもE君が舐めてほしそうなところは舐めない。
乳首を舐めてほしそうだったから、絶対舐めない。
フェラしてほしそうだったけど、絶対しない。
肛門舐めてほしそうだったけど絶対に舐めない。
徹底して全部すかしてはずします。
その代わりそれ以外の部分を必要以上にいやらしく、唾液でベトベトになるまで舐めてあげます。
この辺りからE君から「女を犯したい」という猛犬のようなオーラがなくなって、何かを懇願するような子犬のような表情に変わりました。
ここで、改めてキスと顔舐めに戻ると、もう限界だったのか、E君が言葉で

「出したいです。(ちんこを)触ってください」

と言ってきたのですが・・・もちろん触らないw
絶対にE君の求めるタイミングではやらない。

そこからさらに10分ぐらいさらに先ほどよりかなり激しいキス+顔舐めを行い、E君の口と顔を唾液でベタベタにした後、キスをしながらE君を横から抱きかかえるような体制になり、右手でちんこを握って2回上下にシゴいてあげると、そのままあっけなく射精しちゃいました。
3週間本当に何もしてなかったんだろうね。超速射!
すごい気持ちよさそうに私に抱きかかえられたままイっちゃいました。
ちなみにここまで私は一言も言葉を使いませんでした。全てキスと態度で私の意思をE君に伝えました。

もうこの後は私の完全支配モード。
射精して気持ちよさそうにしている、E君をベッドに引っ張っていき仰向けにして、顔面にまたがり顔面騎乗位。滴るほど濡れている私のマンコを顔に押し付けてスライドさせます。さっきまでの猛犬のような表情なんてどこかに行ってしまっており、素直な素直ないつものE君です。
クンニをお願いすると丁寧にしてくれるし、お尻の穴舐めてというとしっかり舐めてくれる。
私の体を全身リップしてというと爪先から顔まで嫌な顔一つしないで舐めてくれる。
私のお願いを完璧にしてくれたから、今日始めてのフェラをしてあげて、2回目の射精まで導いてあげました。

ここまで。
今ここまで私が書いたプレイの真意を読みとり理解できる(もしくは理解する努力をしてくれる)人が、私のM君としてのポテンシャルがあると思います。

心と心が繋がるキス。でもそれは恋人のようなつながりではなくて、私がご主人様だよと伝え、男性を服従させるためのキス。
別に鞭使って叩いたり、暴力的なことで痛みを与えたりしなくても、S女とM男の主従関係は築けると私は信じています。というかその方法しかできないです。
キスと態度で主導権を握り、M君を心から服従させて、手なづける感じ。
でも、これって私の考えを理解してくれる(理解ししようと努力する)M男性が必要だし、そもそも言葉を使わない意思疎通を基礎とした関係性だからすごい時間がかかる。
私が教育期間として1年を最低単位と設定しているのは、ちんこを鍛えるという面以外に、この精神的なつながりを構築するという面もあります。

だから教育期間って結構私の負荷が大きいんです。自分の性欲を我慢して抜くだけプレイでちんこ鍛えたり、M男性に私を「犯す対象」として認識させつつ、精神的には私がご主人様ということを教えないといけない。
この難しいミッションを達成するために私は1年以上かけてゆっくりゆっくり関係を作り上げるという方法をしております。


あ、今日も猛犬モードだったE君を子犬モードに戻すプレイの後本番Hまでしてます。
本番HはもちろんE君が主役。狼のような荒々しく激しいピストンの連続で私は何度も何度もイかされてE君が立たなくなるまでお互いの体を求め合いました。
まあ、もともと私を犯したくてたまらなかった猛犬を一度手懐けて子犬までもどして、そこからまた狼までテンション上げてもらうというよくわからないプレイですが、そういうスイッチの切り替えができるようになるというのも合格基準かなと私は感じております。


今日の日記は以上ですが、私の伝えたいことがちゃんと伝わるのかすごい不安w
でも結局私が求めてるのって痛みや苦痛を与えて作る人間関係ではなくて、こういう言葉もいらない、キスと肌を合わせれば全てが伝わるような関係なんだよね。
こればかりはもう私の考えを理解してくれる人が現れるのを唯々待つばかりというのが現実かな〜

では次回もよろしくお願いします
posted by ミストレス上田マリ at 04:14| プレイ日記 | 更新情報をチェックする