2017年06月21日

6月17日のプレイ日記

男性の性欲って本当に変わっていて女性から見たらなぜそう言う発想に至ったのかと言うことの理解に苦しむことが多いと思います。
私はプレイのルールにも載せていますが、5回私の好きなプレイを受けてくれたら1回は男性の好きなプレイをするということを決めています。抜くだけプレイは回数に含めないので、月1回プレイしたとして半年に一度男性の欲望を私が受け止めると言うことになります。
ただ、今まではMくんたちもかなり遠慮していたのか私への要求は大体みんな同じで「恋人プレイがしたい」か「アニメ若しくはゲームのキャラのコスプレでHしたい」という2択です。
ルールはルールなので私はちゃんとこれを聞いて実践してあげるんだけど、正直私からしたら退屈。
恋人プレイは言い換えれば何の変哲も無いHだし、アニメやゲームのコスはするけど実際の内容は普通。

それで、今回はMくんたちから「本当にやりたいあなたたちの欲望を私にぶつけていいよ(お尻の穴と屋外露出以外)」と問いかけたのですが、これが間違いでした。

もう一度冒頭で伝えたことを書きますが、男性の発想は理解に苦しむことが多いです。

この日はCくんの開放日でCくんの要求を私を受ける日で、前もってCくんにどう言うことをしたいのかCくんに聞いたのですがその回答が・・・

「寝袋の中でプレイしたいです。」

・・・・・・・・なにそれ?
Cくんは登山が好きでよく泊りがけで登山に行っていることは知っていたのですが、趣味=性欲ってこと?
しかもよくよく聞くと挿入はしなくていいから、寝袋の中でおもちゃでずっと私の体を責めていたいとのこと。

なんかよく状況を想像できなかったけど、OKしてちゃんと受けてあげることにしました。

場所は私の家で行うということにきまり、私の家の近くで待ち合わせをしてコンビニでケーキ買ってそのまま私の部屋へ。

さて、今回は本当に私の想像できる範囲を超えている内容なので、全てCくんに任せることに。
Cくんは慣れた手つきで自分で持ってきた分厚い寝袋を私のベッドの上に広げて、いつもCくんとのプレイで使っているおもちゃ(バイブ5本、電マ、ローター)を準備。そして二人とも全裸。
これだけ。なんだかCくんがすごい楽しそうに一緒に入りましょうと・・・
私はここまできても未だに理解に苦しむ。

まあ、今日は開放日なのでCくんのいいなりにすることに^^
早速二人で寝袋に入ったのですが、狭いw
一人用の寝袋に二人で入るからもちろん狭くてお互いの体が密着して身動きが取れない><なんと表現したらいいのかわからないけど、巻き寿司とかケバブとかトルティーヤになった気分w
しかも暑い・・・よく見たらこの寝袋冬用です。

文句はここまででここからプレイ内容です。
Cくんがローターを寝袋の中に入れていきなり私の体に当てようとしたのでここは優しく注意してあげます。
「まずはキスして。」
過去のブログに何度も書いているけど、私とのプレイの際はどのような内容でキスが一番大事。しかも高校生のような軽いものではなくてちゃんと大人がする舌も唾液も絡まるようなキス。
スタートは絶対にキスから。これはちゃんと守ってもらわないとね^^

寝袋でがっちり体を密着した状況でもちろん顔も鼻息を感じれるほどの距離。この状況でキスのスタート。まずは数回唇を合わせてから舌を絡めます。いつもなら私がリードするようにCくんの舌を吸ったり唾液を流し込んだりするのですが、今日はCくんがリードする日なので私はわざと舌を外に出して私の舌を吸うように促します。Cくんはそれをちゃんと悟ってくれて力強く私の舌を犯してくれます。気持ちいい^^たまには男性に舌を責められるのもいいな〜
舌の次は耳の周り。ここもいつもは私から男性の耳を舐めてあげるのだけど、今日は私が舐めてもらう側。耳の周りから耳の仲間で舌を使ってペロペロしてもらいます。
そして首筋も^^
寝袋に入っているから首まででおわりです。

一通りキスが終わったところでCくんがローターを私の乳首に当ててきました。振動は弱目で心地よい刺激です。左右の乳首を交互に刺激されてだんだん私も体のスイッチが入ってきて体が熱を帯びてきます。寝袋で密着させられているので私の体温はCくんに伝わると思うし、それ以上にCくんの体温が高くてしかもこの時点で私のお腹のあたりに勃起したチンコが当たってぐりぐり押し付けられていますw
この度がすぎる密着感結構いいかもと思うようになってきてます。

乳首からお腹を這わせるようにローターで刺激されてマンコの割れ目まできます。キスの時点から私の下半身はかなり濡れていて、ローターがクリに当てられると思わず悦にはいる声が出てしまいました><
正直言うと顔の距離が近くて気持ちよくなっている顔を近距離で見られるのが恥ずかしい・・・

マンコの割れ目をなぞるように何度もローターを当てらた後、膣の中に入れられて、振動を強くされます。私が気持ちよくて喘いでいたらディープなキスで口も攻めてきます。
Cくんはチンコは大きいけどかなり不器用な方で教えるの結構苦労しているんだけど、今日はちゃんとわかってるじゃん!このタイミングのディープキスは私の好きなタイミング^^
マンコの中から心地いい刺激とディープキス、そして密着した体から体温や汗のヌルヌルした肌の感触が伝わってくる。このプレイがどれくらい続けたのかな。結構長くしてた感覚があります。多分15分〜20分ぐらい?
そして、膣の中からローターが抜かれて今度はバイブをCくんが寝袋の中に入れます。
「ねえ、Cくんのチンコに何もしなくていいの?」
と聞くと
「何もしなくていいです。まりさんのイク顔を今日は見たいので今日は僕がまりさんを攻める番です。」
だって。
ん?寝袋プレイってそれが目的なの?と疑問に思いましたけど、まあ流しましたw

ここまではゆっくり優しい刺激だけどちょっと汗ばんだ前戯をしているようで私はすごい好きです。だからマンコから体液がかなり溢れていて、大きめのバイブがぬるっと簡単に全部入っちゃいました・・・いつもは入り口のところをほぐさないと入らないけど、今日はすぐ入りました。ただ寝袋の所為でまたを広げることができないからバイブを膣に入れて自分の両足でバイブを締め付けるような形になって、いつもよりバイブが膣の内側に密着している感じ・・・これはちょっとやばいかも。

Cくんはまず私へディープキスを1分ほどしてからバイブのスイッチを入れます。このバイブは頭がスウィングして振動するタイプ。膣の中がかき回されて、自分の足で締め付けている所為で振動が実もより強くなってる感じがします><
これはかなり気持ちいい^^気持ち良さに耐えられなくて下半身がなんどもビクッと痙攣します。キスされてるけど喘ぎ声を止めることができずCくんの目の前でなんども声を上げてしまいます。時間をかけて徐々にバイブの振動を強くされて一番強くされ細かく出し入れされて少し耐えようとしたんだけど、耐えられなくてあえなくイッてしまいました・・・
この異様な密着感とお互い汗ダラダラの肌の滑った感触、寝袋の中から上がってくる二人の汗の匂いですごい興奮します。たぶん、超至近距離で喘ぎ顔を見つめられていると言うことも興奮度をあげるのに一役かっているようにも思えます。

未だにCくんの寝袋プレイの発想自体は理解できないけど、結構気持ちいいです。
ただ、イッた後バイブ抜いてくれない・・・・
男性には伝えにくいんだけど、イッた後はかなり敏感になっていてイッた後の十数秒間は膣内が麻痺したような感じで何も感触がないのだけど、この麻痺した感じがなくなるとかなり敏感の状態でこの時刺激されると普段の何十倍の刺激が身体中を走ります。
それで何が言いたいかというと、バイブを抜いてくれないからいっきに身体中に電気が流れるような刺激がきて体がガクガクするほど感じちゃいます。
「お願いぬいて、ぬいて」
ってついCくんにお願いするけど、すっごい意地の悪い顔で
「ダメです。今日は僕がまりさんをリードする日ですよね?」
とこのタイミングで反抗される><なんと底意地の悪い男だと一瞬思いましたw

そしてバイブで責められ続けて何回も細かくイッてしまい、回数はわからないけど、もう自分で自分がコントロールできないほどなってきました。

ここでも男性に伝えにくい感性的な部分があるんだけど、わかってもらえないことを前提に描いて見ますw
女性(私個人だけど)にはイクと一言でいっても2パターンかあって今日1回目のように身体中と脳みそに快感が走って心も満足感があって、体も脳みそも心も快感が高まって同時にイクというのと、先ほど表現した細かくイクという下半身だけビクビク反応してイクと言う2つです。
前者はいいシチュエーションでちゃんと前戯に時間かけてキスもたくさんしたあとでよく起こり体も心も全てが満たされる快感で私はすごく好きです。
後者は無理やり刺激を与えられて無理やりイかされているような正直私は好きではないです。
じゃあ、連続してイかされるのが嫌なのかと言うとそうではなくて、例えばチンコを挿入されてずっとピストンされてなんどもなんどもイってしまうのは前者の方にあたり凄い気持ちがいい快感です。でもおもちゃでこれをされると後者になってしまいます。
反論に反論を重ねるようになってしまうのだけど、決しておもちゃが嫌いなわけではないんです。むしろおもちゃで責められるのも大好きなんです。
というこの伝えたくても伝わらない私の女心。

まとめると・・・このバイブで連続して細かく下半身だけイかされるのは嫌い><ちゃんと心と脳みそも満たしてほしい・・・

だ・け・ど
どうやらこの時の私の喘ぎがCくんに火をつけてしまったらしく、Cくんが止まらない><
バイブに加えて電マも寝袋の中に入れてバイブを膣に挿入したまま、クリに電マを当てられる。ただ寝袋の中なのでCくんも両手が使えないらしく、バイブは挿入したままCくんの足でおさえられて、片手で電マを私のクリにあてています。だからバイブの出し入れはなくてただ振動とスウィングだけ。
いつかの日記に書いたと思うんだけど、膣に何かを挿入されてクリに電マを当てられると快感というかフラッシュのような電気が身体中、特にマンコ、腰、背筋にズバババと流れる感じになって呼吸のリズムが取れないほどの刺激です。
これのおかげで記憶が曖昧になっていたんだけど、後から聞いた話だと、私はこの時真顔に快楽が混じったような表情で
「お願い、もうやめて」
「おかしくなる」
「バイブじゃなくてチンコがいい」
といった言葉をなんどもなんども喘ぎ繰り返していたそうです・・・
もちろん喘ぎ声だけでなく体も何度も何度も痙攣していたそうです・・・

覚えてない!

どれくらいこうやって攻められていたのかわからないけど、Cくん曰く私の目から生気がなくなって虚ろになってきたのでやめたとのことです。

それからどれくらい私はボーとしていたのかわからないけど、Cくんにキスされている感覚でなんとなく我に返ったのを覚えています。
そしてこれだけははっきり覚えているんだけど、我に返って真っ先にいった言葉が
「気持ちいいんだけど気持ちよくない!」
と。
自分で言って自分でも意味がわからないですが、ようは体は満足できたけど心が満足できなかったと言う意味ですw

ただ、ローションなしでおもちゃをずっと当てられていたのでマンコがヒリヒリしてちょっと痛かったので、これ以上何かするのは無理だったのと、今日はあくまでCくんが主役だからヒリヒリしていると言うことと、体は気持ちよかったけど心が満足できてないからと言うことを説明してフェラさせてもらうことになりました。

ということで、寝袋プレイはここで一旦終わり。寝袋からもぞもぞと這い出すと二人とも凄い汗wしかも臭いw
まあ、全体的に見て気持ちよかったし、体温や汗をお互い感じることができたから満足かな。最後のおもちゃ責め以外w

寝袋から出てすぐ、Cくんにはベッドの縁に座ってもらい私は床に膝をついてフェラを開始。
なんども日記に書いているので省きますが、私はフェラが好き+匂いフェチ+顔射がすきということでちんこだけではなく男性の股間全体を舌を這わせるように、顔がチンコやタマに触れるようにするネトネトしたフェラが大好きです。
だから、今日もCくんの股の間に顔を押し付けるようにしてタマを舐めたり、玉と肛門の間をなめたりします。チンコはすごく大きくなっていて我慢汁が大量に出ているのであえて触れなかったです。
一通り匂いも楽しんだところで、チンコを軽く握って先っぽから出ている我慢汁を私の頬にあてて顔に広げるようにします。
「ねえ、もう射精しそうだけど、顔射と口の中どっちがいい」
と聞くと口の中と答えたので(私的には顔射がよかった・・・)
咥えてあげてCくんの好きなポイントカリの右裏を舌で舐めてあげると速射><
今までにないぐらい大量の精子が喉の中に吹き付けられました。
もちろん、簡単に吐き出したり飲んだりしません。
口の中でくちゅくちゅしてCくんに見えるように口を開けてさらに舌でかき混ぜるようにします。
なんどもしつこく書きますが、私のプレイは見せることが大事だと思っていますので^^
そして、一旦両手を碗にしてその上に吐き出します。
「飲んでほしい?それとも胸かお尻に擦り付ける?」
「飲んでほしいです。」(ここは私も飲みたかったから息が合いました)
とのことだったので、手のひらの精子をまた口に戻して一息に飲み込みました。

ここで今日のプレイは終わり^^

ただ、フェラしてもまだちょっと感情的に物足りなさを感じたので、最後にもう一つCくんにお願いしたことがあって、抱きしめてほしいと。
別にHとかプレイとか関係なくてお互い裸のままぎゅっと抱きしめてもらうだけ。
これもCくんはOKしてくれたので、10分間ぐらい無言でただただ抱きしめてもらいました。
男性にはわからないだろうけど、こうされると落ち着くんだよね。

Cくんのための開放日でCくんの言うことを全部聞く予定が2つも私からお願いしてしまいましたが、結構楽しめたと思います。

でも未だになんで寝袋なのかは理解できないですけどw



posted by ミストレス上田マリ at 17:05| プレイ日記 | 更新情報をチェックする