2019年07月09日

SとMの行くつく先は男と女の変態化

もうどちらがSとかMとかわからなくなっています。


何かと言うとE君とF君のことです。
この二人は私の人生で最長となる3年目の関係に突入しております。彼らが大学一年生の頃から私が教育をして大学2年の頃に教育終了。そしてそこからさらに2年間毎月欠かさずプレイをし、もう数え切れないぐらい抜くだけプレイを施してきました。
以前の日記にも書いたように、もうこの2人は私の体の隅々を理解しており、耐久力も童貞早漏だったなんて考えられないぐらいの絶倫になっており、1対1のプレイとHでも私は彼らの体力に圧倒されて心も体も壊されてしまうぐらいイカされます。

私のブログを最初の頃から見ている方はご理解いただけるかもしれませんが、私がM君を探し始めた理由は「M男性10名と心も体も壊されるようなHがしたい」ということなのですが、私の教育が良かったからか1対1で完全に壊されるまでになってしまいましたw

だから最近男性複数プレイをほとんどしておりません。理由は上記した通り1対1ですでに私の体力では受け止められないほどの絶倫になっており、彼らを含めた複数プレイはちょっと怖いからです。

ちなみに今の私のM君は関係3年目のE君、F君。関係2年目で最近徐々に絶倫になり始めたG君とH君。そして関係半年目のI君J君K君です。この3名はまだまだ経験不足ですねw

話を戻しますが、E君とF君と私の関係は最近常軌を逸した変態プレイにまで昇華しております。
最近プレイ日記を書かなかった理由がここにあります。
一応S女とM男という大きなテーマを元にこのブログを書き出したので、今現在の私とこの2名のプレイを書くことをためらっておりました。
ただ、きっとこれは私が行なっているM君への教育とトレーニングの行き着く先なのかなと考えこの度少し書かせていただきます。

私と2人の関係はいまだに私がSで2人がMです。
ただ私の心の中ではもうその境がなくなってしまっております。
毎回プレイをするとき彼らが私の仕立てにでて奉仕をしてくれることでギリギリSとMの体を維持していますがもう私の心の中ではE君に、F君に私の体を壊して欲しい、Hして欲しいとずっとおねだりしている感じです。

この感情はなかなか伝えにくいのですが、女性ならわかっていただけると思うのですが、
「遊びのHでするフェラ」と「恋人とのHでするフェラ」の違いです。

多分私のブログの読者は男性ばかりだから伝わらないと思いますが、何が一番違うかというと「愛おしい」という感情があるかないかです。
恋人とするフェラはそのチンコが愛おしく、口にくわえたら自分の体の一部のような感覚があります。どんなにイマラチオされても快感でしかなく、フェラをするだけで言葉は汚いけど「メス」になっちゃう感じです。
だから、E君とF君とのプレイの約束の日が待ち切れないし、平日抜くだけプレイで私の部屋に来てくれたら、本当に嬉しくて彼らとの触れ合いがとても楽しいです。

まあ、男性にはこの感情はわかってもらえないと思いますけど・・・・

何が言いたいかというとE君とF君とHするとき私はもう恋人とHするのとほとんど変わらない状態ということです。(恋人は6年間いませんが・・・)

といっても抜くだけプレイや前戯の時は2人が私にSでいることを求めるので、Sを演じていますが、実のところ侵されたくてたまらない。
だからプレイを終わったらもう私は完全にメス猫モード。
とにかくおねだりを繰り返します。
精子でベタベタになるまで犯して欲しいし、日が昇るまでずっと犯して欲しいと考えています。
なんだろう・・・もうE君やF君のチンコで支配されたい感じです。

さて、冒頭で書いた最近始めた変態プレイですが、私が匂いフェチということに起因するぷれいです。
私が男性2名との串刺しHが好きなのはご存知だと思いますが、それは侵されながら口の中にも男性の性器があり、口の中に男性の匂いが充満する感じが好きだからです。
最近考え出したプレイはこれお1対1のプレイでする方法。

それは何かと言うと、男性が射精した精子を飲まずに口の中に溜めたままHをするということです。
2人もだいたい一回のプレイで5回〜6回ぐらい射精します。1回目はSプレイで抜いてあげるのですが、2回目からは本番Hでの射精です。

この2回目以降の射精を全て顔射してもらい顔に出された精子を私は全部口の中に入れて、それを口に含みながら3回戦、4回戦、5回戦と続けます。
射精するたびにそれを口の中に詰め込み、ものすごい勢いでピストンされてなんどもイくのですが、それでも口から精子をこぼさないように犯される。

というプレイです。これだと口の中が精子臭い状態で犯されることになり、私の匂いフェチ心も興奮して体は絶倫のピストンで壊されて、もう何が何だかわからないほど心身ともにチンコで追い込まれます。

最初にこのプレイをF君と開発した時の興奮は忘らず、私が興奮する以上に、男性側も精子を必死に口の中で保持しようとする私の姿を見て興奮するらしいです。

今回久々に日記を書きましたが、E君とF君とはもうSとかMとか関係なく、アダルト動画で見た超変態プレイをいろいろ試すようになり、G君〜K君は引き続き絶倫M男性になるように教育とトレーニング中です。(G君H君はもう結構絶倫なんだけどね)

最後になりますが、恋人みたいに愛おしい2人のことを書きましたが、やはり恋人ではないと感じることがあり、「恋人見たい」という表現をずっと使っておりました。
それは何かと言うと・・・
「チンコは愛おしいし、Hをおねだりしたい」けど「それ以外に全然男性の魅力を感じない」ですw
どういう意味かというと、彼らとのHはどんどんしたいけど、本物の恋人になれるかというと、人間性が私が理想とする男性像ではないという感じです。
あ、別に彼らが嫌な奴とかではなくて、すごくいい人たちなのですが、私が恋人にしたいタイプではないというだけです。

そして、今年の年末か年明けに今いる7名のM男性と私で8Pをすることを計画しています。すっごい怖いんだけどどこまで性的に壊されるか体験して見たいと考えています。

あ、あと10人のM男性を探すということは変わっていないので、あと3名募集しています。


それでは久々の日記でかなり変態的なことを書きましたがこれからもよろしくお願いします。


posted by ミストレス上田マリ at 00:20| プレイ日記 | 更新情報をチェックする